プーアル茶

プーアル茶の産地、雲南省について

雲南省は中国西南部に位置し、茶生産の自然条件にとても恵まれています。

気候は熱帯、亜熱帯気候で、南北に高低差が大きい地形により変化し「一山四季ありて、十里天を共にせず」と言われるような独特の気候特性を備えます。
雲南省のほとんどが山岳地帯で変化に富み、所によっては非常に険しく北部の山地では標高6,740mの梅里雪山を筆頭に3,000m以上の山が連なります。南部は市街地で500~1,000m、その他の地域は1,000~2,100mの標高があります。

高低差の大きい地形により気候も南北で大きく変化します。省都の昆明は「常春の城」と呼ばれ年間を通して穏やかな気候です。北部の山岳地帯は亜寒帯性気候に属し、チベットへの入口都市であるシャングリラでは冬場は-10度以下まで下がります。お茶の産地として有名な雲南省南部は、年を通しての平均気温は18度程度、雨量も豊富で、湿度が70%程度と高く、霧の日が年間100~150日と多く、この霧と湿度がお茶にまろやかさを加えるといわれます。

お茶が作られる地域は、中国の国家基準によって、雲南省の11州(市)75県、639郷に限定されています。
その中でも、シーサンパンナ、リンソウ市、プーアル市の3大茶産地が、古くから良いお茶を生産する主要産地です。

地理環境の差異により茶葉の風味もそれぞれの特徴があるため、山の名前でそれぞれ特定の風味を持つプーアル茶が区分されています。

プーアル茶の主な茶葉

大雪山/だいせつざん
馬邦山のお茶の特徴は、最初に香り良く持続し、口腔内に香りの余韻が長く、甘みが顕著、煎を重ねても甘みが持続し、香気が蘭の花のような濃厚さを増します。
老班章/ろうはんしょう
布朗山茶区の中で最も、味わいが強く、非常に攻撃的な苦味と渋みがあり、力強い山の魅力に包まれています。
銅箐河/どうせいが
茶葉の外観は長く太く、葉脈ははっきりしています。茶湯の水色は明るく透明で、香りは純粋で、余韻が強いです。味わいは穏やかで柔らかな口当たり、煎を重ねると旨み厚みが増し、回甘がありのどの甘さが際立ちます。
冰島純/ひょうとうじゅん
冰島南迫古樹茶の特徴は、茶葉の外観は細く揉捻され、山の野韻が充分で、口に入れたときの苦渋味が弱く、茶湯は滑らかで厚みがあり、甘みが広がり、喉を過ぎても爽快感と甘い余韻が残ります。
正気塘/せいきとう
茶葉の外観は細長く揉捻されています。水色は緑味があり、茶の味はスッキリとして爽やか、香りがよく持続、柔らかで上品です。
壩糯藤条王/はだとうじょうおう
茶葉の外観は細長く揉捻されています。水色は緑味があり、茶の味はスッキリとして爽やか、香りがよく持続、柔らかで上品です。
昔帰古樹/せききこじゅ
昔帰のお茶の特徴は、最初に香り良く、雑味がなく、甘みが顕著、煎を重ねても甘みが持続し、香気が蘭の花のような濃厚さを増します。
岩子頭/がんしとう
岩子頭の茶葉は、外観は細かな産毛が多く、茶湯の水色は緑がかった黄金色で透明感があり、口当たりは清々しい苦味とわずかな甘みを感じ、余韻が甘く、喉に感じる感覚が良い。
忙肺/ぼうはい
忙肺茶の特徴は、口当たりが甘く滑らかで、香気が甘く持続し、茶湯の水色が濃い黄色で明瞭。渋みを伴う爽快感と回甘が持続します。

緑茶の主な茶葉

黄山毛峰/こうざんもうほう
香りは清らかで、飲むとしっかりとした甘みやコクがあり、口の中に奥深い味わいが広がります。
雲南緑茶/うんなんりょくちゃ
形は少し巻いていて、上品で柔らかな花香があり、渋みが少なく旨みもありながら、後口はスッキリとしてしています。
都伨緑茶/といんりょくちゃ
外見は細く曲がり、色は" 三緑透黄" が特徴で、茶葉、茶湯の色、茶殻に黄色を帯びた緑色が見られます。香りが高く風味が爽やかで初めは少し淡い渋味を感じ、後から甘みが戻ります。
西湖龍井(獅峰)/さいこロンジン(しほう)
茶葉は若緑色、扁平で真直ぐな形。
香りは清く、龍井らしい芳ばしさと豆系の香り。茶湯の色は明瞭な淡い緑色。
味はふんわりとした甘みときりっとした清々しさのバランスが良く、余韻を 楽しめます。

その他のお茶

黄茶
緑茶製造工程に「悶黄(モンオウ)」という湿熱作用により、軽く酸化発酵させる工程を加えることにより、独特の風味が生まれる。乾燥茶葉、茶湯の色、茶殻ともに黄色っぽい色味を呈する。生産量はとても少ない。
白茶
摘まれた茶葉を、萎凋して萎れさせ、発酵を進めるとともに水分を飛ばした後に、火入れして乾燥させるだけという、中国茶の中では特に簡素な工程となっています。
六大茶類の中では、唯一白茶だけが「揉捻」を施しません。新芽には白いうぶ毛のようなものがある品種が多いことから白茶の名前があります。
烏龍茶
お馴染みの烏龍茶です。茶葉の発酵の程度は30~60%程度で半発酵茶に分類されます。
主要産地は中国福建省、広東省と台湾で、それぞれ品種が大きく異なるため、ミンペイ 烏龍(福建省:武夷岩茶など)、ミンナン烏龍(福建省:鉄観音など)、広東烏龍、台湾烏龍 (凍頂烏龍茶)を四大烏龍茶と言われます。
紅茶
完全に発酵させたお茶です。赤く濃い水色と特有な香りが特徴です。中国の「祁門紅茶」、インドの「ダージリン」、スリランカの「ウヴァ」は世界三大紅茶と呼ばれています。近年では日本国内でも生産され、渋みが少なく飲みやすいため愛飲者も増えています。

Access

楽庵:アクセス
〒540-0017
大阪府大阪市中央区松屋町住吉4-1
フォーチュン松屋町1階
06-7669-0161
受付時間:11:00〜19:00年中無休