外観、味や香りの特徴

新芽には産毛が非常に多く、茶葉は湯に浮いたり沈んだりします(三起三落がある)。
「毫香」と呼ばれる甘く柔らかい香りとふんわりとした花の香りがあり、茶湯の色は淡い杏黄色、
味は清らかで雑味がなく、爽やかさと繊細な甘みが特徴です。
分類
白茶
品種
福鼎大白茶
生産日
2019 /5上旬
産地
福建省福鼎市
2~3g
80-90℃
150ml
2-3min
耐熱ガラス、ガラスの蓋碗がオススメ!
グラスを温め、先に茶葉を入れ、85℃程度の湯をグラスの半分ほど、ゆっくりと注いで待ちます。茶葉が湯になじんだら、湯をグラスの7分目まで足します。上に浮いた茶葉が沈んできたら、お茶を味わってください。湯の中で開いた美しい茶葉も楽しみましょう。茶湯は最後まで飲みきらず、少し残した状態でお湯を注ぎ足すと、二煎目もおいしくいただけます。

NOTE

茶葉原料は新芽のみで産毛に覆われ、針のようにまっすぐに作られていることから白毫銀針の名前があります。中国を代表する白茶で、”美女”や”茶王”の美称を持ちます。また、白茶の原産地は福建省であり、福鼎市はその主要産区です。白毫銀針の茶葉原料は、太く丈夫な新芽を必要とするため、春芽のみ摘みます。新芽以外の若葉は、他の白茶原料になります。茶摘には細心の注意が払われ、10の規則があります。雨天、露水、細痩、紫色、風害、損傷、虫害、病害、空洞、開芯(開いた)の芽は摘みません。福鼎製法では、晴れて気温が高く湿度の低い日に、日光に干して萎凋後、紙をひいた焙篭に広げ、軽く焙って乾燥させます。

Access

楽庵:アクセス
〒540-0017
大阪府大阪市中央区松屋町住吉4-1
フォーチュン松屋町1階
06-7669-0161
受付時間:11:00〜19:00年中無休