外観、味や香りの特徴

外観は小さめの半球形、色は翠黄緑、茶湯は鮮やかな黄金色です。
香りは馥郁とし、花香が明確で持続します。
味わいは芳醇で豊か、爽やかな余韻があります。
分類
烏龍茶
品種
黄旦(黄棪)
産地
福建省安溪県虎邱鎮
黄金桂(春)の産地マップ
5g
90-95℃
100-200ml
10-30sec
蓋碗、紫砂急須がオススメ!
蓋碗(急須)にお湯を注ぎ、蓋碗(急須)から茶海、茶海から茶杯の順に温めます。そのお湯で飲杯も温めます。温めた蓋碗(急須)に茶葉を入れ、お湯を注いで上がってきた泡(アク)を切りながら、蓋をして茶湯を捨てます“洗茶”。再びお湯を注ぎ、蓋をして蒸らします。お好みの濃さで、茶湯を茶海(ピッチャー)に全て注ぎます。それから茶杯に注ぎ分けます。二煎目以降は少しずつ長めに蒸らし、三煎程度お楽しみいただけます。

NOTE

黄金桂(春)の茶葉 黄金桂(春)の色味
黄金桂は「黄旦(黄棪)」とも呼ばれる国家級良茶樹品種で、小喬木型、中葉類、早芽種の茶種です。早い時期から茶摘ができるため産地では「清明茶」とも呼ばれます。安溪県虎邱鎮羅岩村が黄金桂の原産地です。香りが非常に高く、その香りは天まで届くという意味を持つ「透天香」の別称があります。また、これらの特徴を総評して“一早二奇(芽吹きが早く、外観は均整がとれ、香り高い)”と形容されます。

Access

楽庵:アクセス
〒540-0017
大阪府大阪市中央区松屋町住吉4-1
フォーチュン松屋町1階
06-7669-0161
受付時間:11:00〜19:00年中無休