外観、味や香りの特徴

景谷郷の古樹茶の特徴は、甘い水のように柔らかな口当たり、回甘が長く続きます。
易武高山の茶と性質が似ています。
景谷郷の人の製茶は、揉捻が軽く、茶の苦渋味を多く引き出さないようにしています。
分類
黒茶(山頭茶)
品種
雲南大葉種
産地
普洱市景谷県景谷郷
石寺古樹の産地マップ
5g
95-100℃
180ml
15-20sec
茶葉が見やすいガラス急須がオススメ!
急須にお湯を注ぎ、急須から茶海、茶海から茶杯の順に温めます。茶葉を入れ、あふれるぐらい までお湯を注ぎ、上がってきた泡(アク)を切りながら蓋を閉め、茶湯を捨てます。“洗茶”再びお湯を注ぎ、蓋をして蒸らします。適当な抽出時間を待ち、茶湯を茶海(ピッチャー)に全て注ぎます。それから茶杯に注ぎ分けます。二煎目は茶葉が開いている為、同じ抽出時間でも濃くはいります。四~五煎以降は長めに抽出していきましょう。十煎前後はお楽しみいただけます。茶殻は柔らかく食べていただけるので料理にもおすすめです。

NOTE

石寺古樹の茶葉 石寺古樹の色味
普洱市景谷県景谷郷で最高標高の2,277mの地区が産地です。景谷県は、普洱(思芽)地区の中部に、景谷郷は、景谷県の北部に位置します。イ族、タイ族、ラフ族の居住地域です。年平均気温が17.5℃と四季を通して温和、年間雨量1,600m、80%以上を森林に覆われ、数百年の歴史がある古茶樹群落と茶馬古道の遺跡が歴史資源と生態環境が調和しています。

Access

楽庵:アクセス
〒540-0017
大阪府大阪市中央区松屋町住吉4-1
フォーチュン松屋町1階
06-7669-0161
受付時間:11:00〜19:00年中無休