外観、味や香りの特徴

昔帰のお茶の特徴は、最初に香り良く、雑味がなく、甘みが顕著、
煎を重ねても甘みが持続し、蘭の花のような香気を放ち良い香りが増します。
分類
黒茶(山頭茶)
品種
雲南大葉種
産地
雲南省臨滄市臨翔区邦東郷昔帰村
昔帰古樹の生産地マップ
5g
95-100℃
180ml
15-20sec
茶葉が見やすいガラス急須がオススメ!
急須にお湯を注ぎ、急須から茶海、茶海から茶杯の順に温めます。茶葉を入れ、あふれるぐらい までお湯を注ぎ、上がってきた泡(アク)を切りながら蓋を閉め、茶湯を捨てます。“洗茶”再びお湯を注ぎ、蓋をして蒸らします。適当な抽出時間を待ち、茶湯を茶海(ピッチャー)に全て注ぎます。それから茶杯に注ぎ分けます。二煎目は茶葉が開いている為、同じ抽出時間でも濃くはいります。四~五煎以降は長めに抽出していきましょう。十煎前後はお楽しみいただけます。茶殻は柔らかく食べていただけるので料理にもおすすめです。

NOTE

昔帰古樹の色味 昔帰古樹の茶葉
昔帰は、臨翔区邦東郷昔帰村忙麓山にあります。標高750メートル、平均気温21℃、年降水量1200mmで、古茶園は山の半分一帯に分布しています。森林と混在し、古樹の樹齢は約200年です。ある人は昔帰のお茶を、臨滄の班章と呼びます。班章は剛直、昔帰は幽雅と評されます。

Access

楽庵:アクセス
〒540-0017
大阪府大阪市中央区松屋町住吉4-1
フォーチュン松屋町1階
06-7669-0161
受付時間:11:00〜19:00年中無休