外観、味や香りの特徴

餅茶月光白(一芽一葉)の外観は、新芽の白毫が目立ち、
白が八割、黒が二割の色バランスです。
自然発酵が少し進み、茶湯は明るいオレンジ色。
干しぶどうのような優しい甘さと香りを備え、
煎を重ねても雑味がなく、余韻が長く続きます。
分類
白茶
品種
雲南大葉種
産地
雲南省普洱市景谷県
月光白(一芽一葉)の産地
3g
80-90℃
100-200ml
0.5-1min
磁器の蓋碗、ガラス急須がオススメ!
蓋碗(急須)を温め、そのお湯で飲杯も温めます。温めた蓋碗(急須)に茶葉を入れ、お湯を注いで蓋をして茶湯を捨てます(洗茶)。再びお湯を注ぎ、蓋をして蒸らします。お好みの濃さで、茶湯を飲杯に全て注ぎます。二煎目以降は少し長めに蒸らし、五煎程度お楽しみいただけます。

NOTE

月光白(一芽一葉)の茶葉 月光白(一芽一葉)の色味
雲南省でつくられる白茶です。産地はプーアル茶で有名な景谷県碧安郷景安鎮、標高1,100~1,680mの高地です。一芽一葉を摘み、薄く籠に葉を広げ、直射日光を避け室内で干し自然乾燥します。伝統的な白茶は日光に晒しますが、月光白は日光を避けて陰干しされるのが特徴です。「月光白(一芽一葉)」は、通常の月光白よりさらに厳選した一芽一葉の原料葉を使用して、380グラムの餅茶形に緊圧しています。

Access

楽庵:アクセス
〒540-0017
大阪府大阪市中央区松屋町住吉4-1
フォーチュン松屋町1階
06-7669-0161
受付時間:11:00〜19:00年中無休