プーアル茶

プーアル茶の産地、雲南省について

雲南省は中国西南部に位置し、茶生産の自然条件にとても恵まれています。

気候は熱帯、亜熱帯気候で、南北に高低差が大きい地形により変化し「一山四季ありて、十里天を共にせず」と言われるような独特の気候特性を備えます。
雲南省のほとんどが山岳地帯で変化に富み、所によっては非常に険しく北部の山地では標高6,740mの梅里雪山を筆頭に3,000m以上の山が連なります。南部は市街地で500~1,000m、その他の地域は1,000~2,100mの標高があります。

高低差の大きい地形により気候も南北で大きく変化します。省都の昆明は「常春の城」と呼ばれ年間を通して穏やかな気候です。北部の山岳地帯は亜寒帯性気候に属し、チベットへの入口都市であるシャングリラでは冬場は-10度以下まで下がります。お茶の産地として有名な雲南省南部は、年を通しての平均気温は18度程度、雨量も豊富で、湿度が70%程度と高く、霧の日が年間100~150日と多く、この霧と湿度がお茶にまろやかさを加えるといわれます。

お茶が作られる地域は、中国の国家基準によって、雲南省の11州(市)75県、639郷に限定されています。
その中でも、シーサンパンナ、リンソウ市、プーアル市の3大茶産地が、古くから良いお茶を生産する主要産地です。

地理環境の差異により茶葉の風味もそれぞれの特徴があるため、山の名前でそれぞれ特定の風味を持つプーアル茶が区分されています。

プーアル茶の主な茶葉

銅箐河/どうせいが
銅箐河は易武茶区に属し、標高1,450m~1,900m、易武郷の東側、刮風寨の南側に位置するヤオ族の自治郷です。「銅箐河」の古茶園の名称は、河川に由来し、桐箐河、同箐河、同慶河などの別称があります。銅箐河は国有林であり、人里を離れた原生林に囲まれた深い森で、水路が巡り、原始生態系を維持しています。

Event

中国茶について勉強したい、淹れ方を学びたい、など
そんな方のために楽庵では、1回1時間半の半年間の中国茶レッスンを開催しています。
気になる方は、お気軽に楽庵までお問合せ下さい。

空 4席 △ 2席

Access

楽庵:アクセス
〒540-0017
大阪府大阪市中央区松屋町住吉4-1
フォーチュン松屋町1階
06-7669-0161
受付時間:11:00〜19:00年中無休