3200年の美しい茶祖
2021/09/10

長い年月を生きた茶の木

雲南省臨滄市に、樹齢3200年以上の茶の木があります。

この茶の木を、人々は「茶祖」と呼び、茶祖は、世界で最も古い茶の木と言われております。

また、世界で最も太くて頑丈な茶樹ともいわれています。

茶祖 直径1,85m 高さ10,6m 幅11,3m

中国では、特別保護茶樹として政府が保護しているそうです。

他にも、周辺100m以内の土壌に茶の木以外の植物の栽培、農薬及び施肥の使用が禁止されております。

コロナ喎でも、中止にはならない一台イベント

毎年5月に茶樹崇拝祭事が行われており、地元住民それからお茶をこよなく愛している愛好者の方々が、茶祖の為にこの祭事に集まります。

今年採られた茶葉を発表されている写真です。

茶祖から採れる茶葉はとても人気があり、毎年非常に高値で取引されるそうです。

どのくらいなのでしょうか?

2021年の春摘みの新鮮な茶葉は10㎏で、、、、1068万元(日本円で約1.83億円)の高値で取引された!

震えます。

これは、中国国内でも大きなニュースとなったそうです。

その10㎏の新鮮な茶葉は、加工後約2㎏の茶葉(餅茶が5.6枚)が完成した。

餅茶だと1枚約600万円  お茶愛好者のお茶愛がすごいです。

1㎏茶葉534万元(約9,185万円)という史上最高額を更新したそうです。

私ならそんなお茶を出されたら、緊張で味がわからなくなりそうです。

Event

中国茶について勉強したい、淹れ方を学びたい、など
そんな方のために楽庵では、1回1時間半の半年間の中国茶レッスンを開催しています。
気になる方は、お気軽に楽庵までお問合せ下さい。

空 4席 △ 2席

Access

楽庵:アクセス
〒540-0017
大阪府大阪市中央区松屋町住吉4-1
フォーチュン松屋町1階
06-7669-0161
受付時間:11:00〜19:00年中無休